• Home 移転先で長く胡蝶蘭を飾るための保管について

移転先で長く胡蝶蘭を飾るための保管について

Pocket

胡蝶蘭は他の花に比べると手入れもそれほど必要ないと言われており、長持ちする花と言われています。こういった特徴を持っているので、移転祝いなどに使用されることが多くなっていますが、ある程度保管について考えないといくら胡蝶蘭でも劣化してしまいますので、ここでは少しでも長くきれいな状態を楽しむためには、どんな保管方法がいいのかについて説明します。

まず水やりについてですが、基本的には7日から10日で根本にコップ一杯の水を与えるといいと言われています。また水をやる時間帯ですが、できれば暖かい時間に室温に近い水を与えるのがベストだと言われています。また受け皿に水が溜まってしまう場合には捨てるようにしましょう。溜めたままだとカビなどが発生する可能性もあります。

続いて保管方法として注意したい部分ですが、環境には細心の注意を払うようにしましょう。胡蝶蘭は扇風機やエアコンの風が直接当たる場所では早く劣化してしまいますので、なるべく直接風が当たらない場所を選びます。寒さにとても弱いので、直射日光があたらないようにして、15度以上の室内に置くようにしましょう。

このように、胡蝶蘭の保管について説明をしましたが、長く飾っておくためには保管の方法が大切になるので、お祝いとして受け取ったら保管について調べておくといいでしょう。

Pocket