• Home 移転のお祝いで胡蝶蘭を贈るならメッセージカードも添えよう

移転のお祝いで胡蝶蘭を贈るならメッセージカードも添えよう

Pocket

移転祝いをする場合、それぞれ人によって贈り方は異なりますが、特に親しい人や普段から関わりのある人に贈る場合にはメッセージカードを用意するといいと言われています。一般的に企業などに贈る場合には立て札がいいとされていますが、立て札に比べて自分の言葉でお祝いの気持ちを伝えることができますし、受け取る相手にも気持ちが伝わるのではないでしょうか。より心のこもったお祝いをしたいと思っているなら、立て札に添えてメッセージカードを活用するのも一つの方法です。

しかし、メッセージにも禁句や注意点が存在しています。例えば「厳しい経済情勢ですが」など否定的な表現をする人もいますが、やはり明るいメッセージの方が喜ばれますので、注意するようにしましょう。また倒れる、潰れる、詰まるなどという言葉もタブーになるので注意しましょう。
また、メッセージカードと言ってもどのくらいの文字数に抑えればいいのか分からないという人もいるでしょう。個人差はあるものの、基本的には読みやすい50文字程度がいいとされています。

このように、メッセージカードについて説明をしましたが、胡蝶蘭を親しい人に贈る場合にはメッセージカードを活用することで、相手にもより喜んでもらえる可能性が高くなるので、お祝いの気持ちを伝えたいと思っている人は、メッセージカードの活用についても検討するといいでしょう。

Pocket